アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:食35

(国) 岩手大学 公衆衛生学研究室

ジビエの衛生検査キットで、安全なジビエの流通と産業振興に貢献します!
共同研究機関 長崎県
株式会社ファスマック
株式会社ニッポンジーン

お問い合わせ先

お問い合わせ先 (国)岩手大学農学部地域連携推進室
郵便番号 020-8550
住所 岩手県盛岡市上田三丁目18-8
TEL 019-621-6231
FAX 019-621-6107
URL https://www.iwate-u.ac.jp/

展示内容

取り扱い分野 ウイルス対策/品質保持/地域資源の活用/6次産業化/農山漁村の課題解決
出展内容 野生動物の食肉転用は、ジビエ産業として新規食材開発や地域活性化の原動力になります。しかし、野生動物にはどのような病原微生物が付着わかりません。本研究では病原体検査を現場で行える迅速キットを考案しました。このキットを使って安全なジビエの利用を促進します。
既存の技術との違い この方法は一温度の固定で遺伝子を増幅しするため、サーマルサイクラー等の高額機器が不要です。また、検出にはクロマトグラフィー法か小型蛍光検出法を用いるため、結果を目視で確認できます。さらに、起動電力は携帯電話のバッテリーや車のシガーソケットで足りるため、野外でも使用可能です。
想定される用途 行政機関から全国に本キットを配布し、捕獲・生産・加工の全ての段階での検査に使用します。また、検査施設の確保が困難な場合でも可能な検査法なので、野外・山中・小規模ジビエ解体施設・加工施設などの、十分な検査スペース・設備のないジビエ取扱場所での使用を想定しています。
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 改良点把握 情報交換
ジビエの衛生管理は、捕獲従事者から喫食者までの安全確保を目的とするため、捕獲に携わる機関から加工施設、飲食店までといった全てのジビエ産業に関わる機関での使用を目指しています。微生物検査を行なう必要のある事業者には試用をして頂き、新たなニーズを得て更に改良を進めます。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月20日(火) 15:00~15:15 セミナールームB
タイトル ジビエの衛生検査システム開発
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
岩手大学・農学部・助教・山﨑朗子
講演 野生動物肉の利用を拡大し、地域産業を活性化するには、安心安全な検査システムの構築が必須となります。同検査システムは、捕獲者・食肉処理者の健康も守り、野生動物肉の安定供給にも貢献します。病原体簡易迅速検査キットの試作品を開発しました。同キットを用いて、ジビエ産業の育成による地域活性化戦略案を提供します。

PAGE TOP