アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:食07

(公財) かずさDNA研究所 生体物質解析センター

千葉産の農作物を活用し食材や食品の高付加価値化を目指した研究開発
共同研究機関 農業法人千葉農産
個人農家・市川園芸
工学院大学・食品化学工学研究室
東京バイオテクノロジー専門学校
千葉県大網高等学校

お問い合わせ先

お問い合わせ先 公益財団法人 かずさDNA研究所 生体物質解析センター
郵便番号 292-0818
住所 千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7
TEL 0438-52-3947
FAX 0438-52-3948
URL

展示内容

取り扱い分野 栽培/植物工場/水産/畜産/新品種育成/食の機能性/流通/食品加工/品質保持/日本食の評価/土壌診断/バイオマス利活用/低投入型生産/環境負荷軽減/高機能性素材/地域資源の活用/6次産業化/地域の科学技術振興/研究開発支援/研究者支援/産学連携支援
出展内容
本展示では、千葉県内で栽培されている千葉の農作物を活用した食材や食品の高付加価値化を目指した当所の取り組みに関して紹介します。最先端質量分析装置(MS)による全成分の定性・定量解析(メタボローム解析)技術を活用し、千葉県産農作物(青パパイヤ、パッションフルーツ及びエゴマなど)の食品開発における支援活動を報告します。
既存の技術との違い 当研究所のメタボローム受託解析メニューでは、あらゆるご要望にお応えする汎用性の高い解析結果をExcelファイルにてご提供致します。ターゲット解析、ノンターゲット解析のいずれにも対応可能な情報量が担保されており、両解析をシームレスに移行できるような情報集約方法を採用しています。
想定される用途 食品開発、品質保証、農作物のブランド化、機能性表示制度の申請、新規機能性成分の発見など
展示方法
試飲・試食
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 情報交換
メタボローム解析受託サービス事業から得られた社会的ニーズ情報および収入を研究・開発にフィードバックし、より有用な技術・サービスを開発し社会に貢献します。メタボローム解析技術で農作物中の機能性成分を明らかにし、更にその成分を増産させる技術(栽培技術、加工技術等)を開発に貢献します。

PAGE TOP