アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
研究初期
小間番号:環13

(学) 上智大学

環境に配慮されたより安全で特異性の高いネコブセンチュウ防除体系の確立

お問い合わせ先

お問い合わせ先 上智大学
郵便番号 102-8554
住所 東京都千代田区紀尾井町7番1号
TEL 03-3238-3173
FAX 03-3238-4116
URL https://www.sophia.ac.jp/

展示内容

取り扱い分野 環境創造
出展内容 土壌微生物である細胞性粘菌が分泌する化学物質は実験室において植物の根をネコブセンチュウの感染から守っていることがわかりました。この自然界に存在する合理的な生物間コミュニケーションと微生物が持つ能力を最大限に利用することによって、環境配慮型のより安全で特異性の高いネコブセンチュウ防除体系の確立を目指しています。
既存の技術との違い 環境に配慮された自然由来の化学農薬
想定される用途 化学農薬
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転
将来的には環境に優しく安全な新規の化学農薬を作ることを目指しています。また、展示をする中でさまざまな意見を頂戴し、本技術がその他の分野でも新たに役立てる道も開拓したいと考えています。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月22日(木) 14:40~14:55 セミナールームB
タイトル 土壌微生物細胞性粘菌を使ったネコブセンチュウ感染の防除
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
理工学部物質生命理工学科 教授 齊藤玉緒
講演 土壌微生物の生存戦略に着目し、自然界に存在する合理的な生物間コミュニケーションと微生物が持つ能力を最大限に利用することによって、環境配慮型のより安全で特異性の高いネコブセンチュウ防除体系の確立を目指しています。全世界で年間12兆円もの被害をもたらすネコブセンチュウから農作物をまもる新たな技術をご紹介します。

PAGE TOP