アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:食03

(国) 新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター

1)食と健康の研究シーズをご紹介、
2)日本災害食認証制度による食の備えの推進
共同研究機関 日本災害食学会

お問い合わせ先

お問い合わせ先 新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター
郵便番号 950-2181
住所 新潟県新潟市西区五十嵐2の町8050
TEL 025-262-6674
FAX 025-262-6674
URL

展示内容

取り扱い分野 畜産/食の機能性/食品加工/品質保持/環境負荷軽減/省エネルギー/地域の科学技術振興/技術移転/産学連携支援/人材育成
出展内容 1)高圧食品加工技術に関する研究成果のご紹介と製品事例展示、2)高アミロース米”越のかおり”の調理特性と血糖応答〜健康を応援する低糖質ごはん米〜、3)機能性食品・医薬品素材として有用な新規糖質の生産開発、4)飼料アミノ酸と代謝を用いた食肉の肉質の高品質化、5)飼料用米を給与した鶏肉の品質評価、6)「日本災害食」認証規格制度と製品事例のご紹介と試食、7)食の産学官連携を進める当センターのご紹介。
既存の技術との違い 1)非加熱、短時間等の高圧食品加工技術の特色と製品事例展示、2)高アミロース米の調理特性と血糖応答の研究から健康を応援、3)新規の機能性食品・医薬品素材として有用な糖質の生産開発、4)飼料成分による食肉の品質制御、5)新たな「日本災害食」認証規格制度と製品事例を行います。
想定される用途 農業生産、食品加工、健康食品、防災分野にご活用いただきたい。
展示方法
実演
試飲・試食
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 製品化 資金 情報交換
各研究の促進と応用研究について関係者との交流・情報交換などを行いたいです。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 13:00~13:15 セミナールームB
タイトル 近未来志向型高圧食品加工技術〜食肉加工を例として〜
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター・センター長/教授・西海 理之
講演 非加熱食品技術の一つである高圧食品加工技術は、素材を活かし且つ賞味期限の延長を図れる加工法として、近年世界で商品化が進んでいる技術です。本プレゼンテーションでは、高圧処理を用いた食品の物性変換技術開発の成果として、食肉加工を例として、高齢化社会に対応した食肉の軟化、減塩及びリン酸塩無添加食肉製品の開発技術をご紹介したい。

PAGE TOP