アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用試験
小間番号:地01

(独) 高齢・障害・求職者雇用支援機構

全国のポリテクカレッジと企業等が共同で開発したアグリ関連の成果物を展示します。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
郵便番号 261-8558
住所 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2 高度訓練センター内
TEL 043-213-7303
FAX 043-213-7378
URL http://www.jeed.or.jp

展示内容

取り扱い分野 水産/ICT/ロボット/食品加工/環境創造/バイオマス利活用/自然エネルギー/省エネルギー/地域資源の活用/産学連携支援/人材育成
出展内容 ポリテクカレッジでは、地域の企業等と「ものづくり」に関する共同研究等を行っています。当ブースでは、企業等と共同で開発をしたものを含め、鋸刃検査装置、水槽水温管理システム、自動コーヒー焙煎機、オールステンレス洗浄ガン、自律型海中ロボット、木質耐力壁の6テーマについて展示します。
既存の技術との違い 既存技術を含め、複数の開発手法を模索し、最適な設計を行った上で開発を行います。特に学生チームによる開発では、異なった専門要素(機械・電気・電子情報)をもった人材がチームを形成して、ものづくりに取り組むため、今までには無かった視点から開発が行われることがあります。
想定される用途 ポリテクカレッジが企業等と共同で開発した成果物は、ものづくり現場における品質改善や業務改善から生まれています。今回出展している水槽水温監理システムのように、複数の研究機関や企業等が取り組むプロジェクトの成果は、様々な業界に波及することが期待されます。
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 情報交換
全国に23校あるポリテクカレッジでは、地域の企業等と「ものづくり」に関する共同研究等を行っています。機械・電気・電子情報の学生チームによる「ものづくり」にも取り組んでいますので、新たなテーマについてご相談いただければ幸いです。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月22日(木) 15:20~15:35 セミナールームB
タイトル 産学連携によるオールステンレス洗浄ガンの研究開発
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
福山職業能力開発短期大学校 職業能力開発教授 佐藤 和史
講演 地域の食品製造業から相談を受け、企業と共同で今までは無かったオールステンレス洗浄ガンを研究開発しました。食品製造においては、食の安心安全の確保のため、設備や機器の洗浄・殺菌が欠かせませんが、その費用を抑える必要があります。本体設計の構造や加工方法などを見直すことで、水道圧で使用でき、水使用量を半分以下に削減できる洗浄ガンを開発しました。本講演では、開発に当たっての工夫点や技術点について発表します。

PAGE TOP