アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:食37

(学) 皇學館大学 産学連携日本酒プロジェクト

大学、地元農家、企業、自治体が協力した産学官連携による日本酒づくりによる6次産業化
共同研究機関 三重県明和町
農業生産法人有限会社松幸農産
株式会社伊勢萬
旭酒造株式会社

お問い合わせ先

お問い合わせ先 皇學館大学 産学連携日本酒プロジェクト
郵便番号 516-8555
住所 三重県伊勢市神田久志本町1704番地
TEL 0596-22-8612
FAX
URL

展示内容

取り扱い分野 流通/地域資源の活用/6次産業化/農山漁村の課題解決/産学連携支援
出展内容
「神都の祈り」 は、皇學館大学の学生と農業生産法人松幸農産が協力して、明和町に広がる豊かな田んぼで育てた酒米「神の穂」を使い、地元酒蔵が伊勢平野を潤す櫛田川の伏流水を用いて作った地元100%の日本酒です。生産の節目には、学生達が自然の恵みに感謝し、祈りを捧げる祭祀を行っています。
既存の技術との違い 地元100%にこだわっている。
想定される用途 地域活性化、地元特産品の開発
展示方法
試飲・試食
実物展示
マッチング目的 改良点把握 製品化 資金 情報交換

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 14:20~14:35 セミナールームB
タイトル 産学官連携日本酒プロジェクト「神都の祈り」
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
教育開発センター准教授 千田良仁
講演 「神都の祈り」 は、皇學館大学の学生と農業生産法人松幸農産が協力して、明和町に広がる豊かな田んぼで育てた酒米「神の穂」を使い、地元酒蔵が伊勢平野を潤す櫛田川の伏流水を用いて作った地元100%の日本酒です。生産の節目には、学生達が自然の恵みに感謝し、祈りを捧げる祭祀を行っています。

PAGE TOP