アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:20A

あなたの技術を国家規格に~JAS相談窓口~

お問い合わせ先

お問い合わせ先 食料産業局食品製造課基準認証室
郵便番号 100-8950
住所 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL
FAX
URL http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/moushide_soudan.html

展示内容

取り扱い分野
出展内容 2017年、JAS制度は大きく変わりました。
新たなJAS規格・認証は、農林水産・食品分野に携わる皆様の優れた商品やサービス、技術、取組を見える化し、実用化に向けたツールや、アピールのための手段として使い易いものになりました。
JAS規格・認証の活用アイデアについて紹介するとともに、JASの活用手続きを説明します。
既存の技術との違い
想定される用途
展示方法
マッチング目的 改良点把握 情報交換
自社の商品やサービス、技術、取組のアピールのための手段や実用化のツールをお探しの方は是非お越しください。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月20日(火) 14:50~15:10 セミナールームC
タイトル 優れた品質・技術の見える化・実用化に向けて~新たなJAS制度の有効活用
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
独立行政法人農林水産消費安全技術センター 規格検査部商品調査課・課長 牟田 大祐 氏
講演 2017年、JAS制度は大きく変わりました。
新たなJAS規格・認証は、農林水産・食品分野に携わる皆様の優れた商品やサービス、技術、取組を見える化し、実用化に向けたツールとして、また、アピールのための手段として使い易いものになりました。
本セミナーでは、こうしたJAS規格・認証の活用アイデアについて事例を含めて紹介するとともに、新たな規格を必要とする事業者、研究者の皆様からJASをご提案いただく際の手続を説明します。

PAGE TOP