アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:食20

食の安全を確保するための科学技術研究(レギュラトリーサイエンス)

食の安全を確保するための研究成果等の紹介。本成果はレギュラトリーサイエンスの成果の例です。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 消費・安全局食品安全政策課食品安全技術室
郵便番号 100-8950
住所 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL 03-3502-5722
FAX 03-3597-0329
URL http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/regulatory_science/

展示内容

取り扱い分野 栽培/水産/畜産/新品種育成/農山漁村の課題解決
出展内容  食の安全を確保するためには、科学的知見に基づく施策を行うことが必要であり、農林水産省は、その科学的知見を得るための研究を推進しています。この科学的知見と規制などの行政施策・措置との間を橋渡しする科学をレギュラトリーサイエンスといいます。
既存の技術との違い 本出展では、研究成果の例として、口蹄疫ウイルスのイムノクロマトキット、サルモネラの新規ワクチン、貝毒の簡易検査キット、コメ中の無機ヒ素及びカドミウム低減のための技術開発などを紹介します。
想定される用途 口蹄疫発生時の迅速な防疫対応、サルモネラ症の発生予防、貝毒の規制値を超過する貝の流通防止、コメ中の無機ヒ素及びカドミウム低減等、食の安全を確保するための行政施策・措置に活用します。
展示方法
実物展示
マッチング目的 製品化 情報交換
食の安全確保にご関心のある研究者(特に大学や企業等)、企業、農業者の方等、是非お立ち寄りください。
開発段階の成果(サルモネラの新規ワクチン)については、製品化に向けたパートナーを募集します。

PAGE TOP