アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:環12

(特非) 元氣農業開発機構

ソルチ、八ヶ岳中央農業実践大学校、次世代農業の3社が出展します。
共同研究機関 機能性土を使ったミルクパーラー排水の浄化方法を実演します。共同研究も必要と考えております。
機能性土は、ため池のヘドロ消滅、水耕栽培でのアオコ発生阻止、畜産廃棄物処理での実証試験、河川、池、湖等の浄化で評価されています。公的なデータが必要とされなかなか普及に繋がっていません。海外では評価されている始末です。どこと組めばいいのか思案しております。
次世代農業のシステムは地方創生に貢献できる技術です。一つの産業おこしになります。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 NPO法人元氣農業開発機構
郵便番号 125-0041
住所 東京都葛飾区東金町1-41-9フランス堂ビル
TEL 03-3826-5212
FAX 03-3826-5217
URL

展示内容

取り扱い分野 栽培/植物工場/水産/畜産/ウイルス対策/食品加工/品質保持/日本食の評価/国際展示/環境負荷軽減/地域資源の活用/6次産業化/農山漁村の課題解決/地域の科学技術振興/研究開発支援/研究者支援/産学連携支援
出展内容
世界に類のない機能性土と女性が食べても臭わないニンニク。27ヘクタールを要する八ヶ岳中央農業実践大学校は今年で80周年を迎え、色々な事業を展開しております。その紹介をします。また、大手からも注目されているレディ・ガーリックの生産システムと活用方法などを紹介するとともにさらに機能性のあるものにするための研究をしていきたいと考えています。
既存の技術との違い 水の浄化に薬材等を使っていますが、天然100%の赤土を焼いて作った機能性土で可能にしました。それも撒くだけ。養殖で砂を使っていますが、色々な菌が発生しますが、機能性土を底土に使えば解消できます。水耕栽培でのアオコ発生も解消できます。廃校利用にレディ・ガーリック。収益向上が可能です
想定される用途 ソルチの機能性土 水耕栽培でのアオコ発生防止 陸上養殖での菌繁殖防止、畜産の糞尿排水等の処理、暑さで枯れる芝を保水性があるので枯れない、池のアオコ、ヘドロ消滅、オーガニック野菜栽培を可能に。
次世代農業のレディ・ガーリック生産システムは病院食、農福連携に貢献可能に。免疫力向上に注目浴びる。
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 改良点把握 資金 情報交換
従来はメンテナンスが必要でしたが、機能性土を使うことでメンテナンスがいらなくなります。
各種データをとったり、実証試験等にお金が必要になります。資金調達に苦慮しております。また、畜産の汚水処理で研究開発に取り組み、高実績を挙げていますが、協力企業を探しております。レディ・ガーリック生産システムで地域活性化を目指しております。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 16:00~16:15 セミナールームA
タイトル 機能性をもたせた粘土粒とその将来性
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
有限会社ソルチ 代表取締役 中村一女
講演 バイオフィリックの考えのもと、自然に還る資材を使用し、水と土を本来の姿に戻ず研究開発しています。ミルクパーラー排水を始め、排水やろ過材として使用した粘土も全て捨てないという取り組みをしています

PAGE TOP