アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用準備完了
小間番号:食28

大森ヘルスケア (株)

世界で初めて「抗アレルギー作用」が立証され、特許権まで確定している「ちしゃとう」という野菜
共同研究機関 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 薬効解析
順天堂大学加齢制御医学講座

お問い合わせ先

お問い合わせ先 大森ヘルスケア株式会社
郵便番号 701-0165
住所 岡山県岡山市北区大内田828-2
TEL 086-293-1144
FAX 086-293-7373
URL

展示内容

取り扱い分野 栽培/植物工場/食の機能性/流通/食品加工/高機能性素材
出展内容 12年前から始めた「ちしゃとう」という野菜は8年間に及ぶ岡山大学薬学部との共同研究で「野菜としては世界初」となる「抗アレルギー作用」が立証され毎年の日本薬学会にて研究成果の発表が続いています。3年前に順天堂大学で実施した臨床試験では抗アレルギー以外に総コレステロール値や血糖値などの減少も示唆されました。「ちしゃとうを有効成分とする抗アレルギー剤」という機能性での特許権も日本と中国で確定しています。
既存の技術との違い 世界の医療現場で処方される「抗アレルギー剤」はステロイド免疫抑制剤などの合成医薬が中心で、様々な副作用が発生しています。無農薬栽培の「ちしゃとう100%粉末」は安心・安全なもので、青汁など様々なものに利用できます。
想定される用途 医薬品とか健康食品などだけでなく、これは「野菜の粉」ですから実の多方面の加工食品などに配合できます。また、「食物アレルギー」のアナフィラキシーショックの発症を抑える効果もありますので、学校給食などのメニューに「食材」としても利用できます。
展示方法
試飲・試食
実物展示
マッチング目的 製品化
やっと日本でも本格的な事業化がスタートしましたので、この「抗アレルギー作用」という機能性を医薬品や健康食品はじめ様々な分野でのご活用を祈念しております。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 10:40~10:55 セミナールームB
タイトル 絶大な抗アレルギー効果の「ちしゃとう」について
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
大森ヘルスケア株式会社 取締役CEO 岸野 章丈
講演 これまでの8年間に及ぶ岡山大学薬学部との共同研究での「抗アレルギー作用」が立証された経緯や、順天堂大学加齢制御医学講座での人体への有意性、前例のないような「ちしゃとうを有効成分とする抗アレルギー剤」という機能性での特許権など、この12年間にわたるこの野菜への取り組みについてお話しします。また、前例のないような「食物アレルギー」対策食としての学校給食メニューなどへの応用もご案内します。この度「アレルギーに悩む世界中の人々をチャトウで救う」という大型プロジェクトがスタートすることもご報告いたします。

PAGE TOP