アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用準備完了
小間番号:食23

(公) 長崎県立大学

緑茶三番茶葉とビワ葉、ツバキ葉あるいは摘果ミカンを混合して製造した機能性を有する発酵茶です
共同研究機関 長崎県農林技術開発センター、長崎大学、九州大学、(株)サンダイ、アリメント工業(株)

お問い合わせ先

お問い合わせ先 長崎県立大学
郵便番号 851-2195
住所 長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
TEL 095-813-5500
FAX 095-813-5220
URL

展示内容

取り扱い分野 食の機能性/食品加工/地域資源の活用
出展内容 ビワ葉混合発酵茶は、ビワ葉と緑茶三番茶葉を1:9の比率で混合揉捻して製造した発酵茶で、体脂肪や中性脂肪濃度を低下させる機能を有しています。ツバキ混合発酵茶は、血糖上昇を抑制する作用を有しています。摘果ミカン混合発酵茶はヘスペリジンの溶解性を高め、血管拡張作用を発揮します。
既存の技術との違い 緑茶三番茶葉、ビワ葉、ツバキ葉、摘果ミカンなど未利用農産物を活用して製造した新しい発酵茶で、体脂肪低減、中性脂肪濃度低下、血糖上昇抑制、血圧抑制、血流改善などの機能性を有しています。
想定される用途 機能性表示食品としての販売が可能な製品である。
展示方法
試飲・試食
実物展示
マッチング目的 技術移転

PAGE TOP