アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:食17

(株) 雪国まいたけ/(学) 中部大学

マイタケにノロウイルス感染症を抑制する効果を発見!
共同研究機関 中部大学

お問い合わせ先

お問い合わせ先 (株)雪国まいたけ
郵便番号 949-6695
住所 新潟県南魚沼市余川89番地
TEL 025-778-0153
FAX 025-778-1282
URL http://www.maitake.co.jp

展示内容

取り扱い分野 ウイルス対策/食の機能性/国際展示/高機能性素材/研究開発支援/技術移転/産学連携支援
出展内容
マイタケ乾燥粉末をノロウイルス感染動物に与えると、ウイルスの増殖を抑え、ウイルスの排出期間を短くする効果を有することが判明しました。マイタケを食べるだけでノロウイルス感染症の流行を防げるかもしれません。その他、マイタケ抽出物の他のウイルスに対する増殖抑制や治療効果、また、マイタケの血糖値上昇抑制作用について紹介します。
既存の技術との違い マイタケにはこれまでにインフルエンザやヘルペスウイルス感染症治療効果を持つことが実証されており、今回新たにノロウイルス治療効果を有することが判明しました。現在、ノロウイルス感染症に対するワクチンや治療薬は無いため、マイタケによる症状抑制効果は画期的と言えます。
想定される用途 マイタケ乾燥粉末のノロウイルス感染症を未然に防ぐ、また、感染による広がりを防ぐ栄養機能食品や、機能性食品としての開発・販売
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 製品化 資金 情報交換
マイタケのノロを含む広範なウイルス増殖抑制効果は、健常者の他、若年齢者や高齢者あるいは闘病中などの免疫力低下者にも効果を発揮します。この機能性にご着目いただき開発・販売を一緒に進めていただける企業を求めます。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月20日(火) 13:20~13:35 セミナールームB
タイトル ノロウイルス感染症に対するマイタケの有用性
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
中部大学 客員教授 林京子
講演 ノロウイルスは、冬季を中心に罹患者が毎年100万名以上に達する感染性胃腸炎を起こす。感染症対策としてのワクチンや治療薬は無く、免疫機能が低下した高齢の感染者では重症の経過を辿ることがある。この点を踏まえて、マウスノロウイルス(ヒトノロウイルスの代替)増殖に対するマイタケの抑制効果を検討した。その結果、免疫機能正常時でも免疫機能低下時にも、マイタケ投与によって、ウイルス排出量が有意に抑制され、排出期間が短縮された。このことから、マイタケには、ノロウイルス感染症の重症化を防止する作用が期待される。

PAGE TOP