アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:生19

(公) 横浜市立大学

横浜市立大学木原生物学研究所における研究成果及びシーズのご紹介、各部門の研究概要の紹介

お問い合わせ先

お問い合わせ先 公立大学法人横浜市立大学
郵便番号 236-0027
住所 神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2 
TEL 045-787-2442
FAX
URL https://www.yokohama-cu.ac.jp/kihara/index.html

展示内容

取り扱い分野 栽培/新品種育成/ゲノム/食の機能性/品質保持
出展内容
横浜市立大学木原生物学研究所の各部門の研究内容や成果を紹介します。
1)植物の成長を促進するオーキシン生合成阻害剤の開発
2)低アレルゲン小麦の開発
3)パンコムギの遺伝子改変技術の開発
4)花成ホルモン・フロリゲンによる開花制御技術の開発 など
既存の技術との違い 1)世界で初めてオーキシン阻害剤を発見、植物生長制御の新たなツールに
2)アレルギーの原因遺伝子を特定し、原因となるタンパク質の直接破壊を目指す
3)ゲノム編集技術を適応し、パンコムギがもつ3つの遺伝子セットの同時変異を目指す
4)新規発見したフロリゲン受容体を介した活性調節
想定される用途 1)研究用試薬・植物化学調節剤・除草剤
2)低アレルゲン小麦の育成
3)小麦粉の品質や機能性成分の向上、穂の形態や草型の改変による収量の増加など
4)フロリゲンを利用した新しい植物改良(厳しい環境でも育つ農作物や1年を通して鑑賞できる切り花など)
展示方法
マッチング目的 共同研究 技術移転 改良点把握 製品化 資金 情報交換
来場者との情報交換、意見交換、共同研究先企業の探索を目的とし、研究機関や生産業企業とのマッチングを希望します。

PAGE TOP