アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用準備完了
小間番号:生03

(公財) 栃木県産業振興センター/とちぎフードイノベーション推進協議会

生産量日本一の栃木県のイチゴ輸出に対応できる生産加工技術の開発、
機能性成分の探索

お問い合わせ先

お問い合わせ先 (公財)栃木県産業振興センター
郵便番号 321-3226
住所 栃木県宇都宮市ゆいの杜 1-5-40
TEL 028-689-9747
FAX 028-689-9748
URL http://food-inv.com/

展示内容

取り扱い分野 栽培/新品種育成/ゲノム/ウイルス対策/食の機能性/流通/食品加工/品質保持/国際展示/高機能性素材/地域資源の活用/6次産業化/研究開発支援/技術移転/研究者支援/産学連携支援/人材育成
出展内容 とちぎフードイノベーション推進協議会で実施中の実用化段階の①高濃度炭酸ガスによる害虫駆除装置の実物展示、研究開発段階の②イチゴ炭そ病・萎黄病・ウィルス病の迅速高感度検出法の開発③イチゴ機能性成分の探索と作用解析④イチゴ果実の鮮度保持に及ぼす精油処理の影響⑤イチゴウィルスベクター⑥イチゴの嗜好性に関する動物行動学的研究についてパネル紹介を行います。
既存の技術との違い 農薬不使用の害虫駆除技術、生産者レベルでの罹病株迅速除去法、生活習慣病抑制効果のイチゴ有効成分の発見、イチゴ長期輸送の鮮度保持技術の開発 等が挙げられる
想定される用途 環境に優しい害虫防除法や生産効率を高める病害回避法の生産者現場レベルでの活用、イチゴ機能性表示食品の開発、鮮度保持技術を利用したイチゴの輸出増大 等が想定される
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 情報交換
産学官連携を進め技術開発・商品化を加速化するために興味あるパートナーを探しています

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月22日(木) 13:40~13:55 セミナールームA
タイトル イチゴ病害早期検出技術の開発
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
加藤寛(宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター特任助教)
講演 イチゴ苗は毎年更新しないと、サイズが小さくなり着果数も減ってくる。そこで健全なイチゴ苗の安定的な生産と供給が重要である。その際、見た目は健全な苗と変わらないが炭そ病菌などが潜伏するイチゴ苗を生産現場への持ち込ませないことが求められる。そこで迅速かつ高感度な病原菌の検出法としてLAMP法を採用した。試薬と安価な恒温装置で2時間足らずで済み、目視で判別できるイチゴ炭そ病菌検出法は栃木県の原々苗生産圃場で採用された。またイチゴ萎黄病、3種のイチゴウイルス検出を目的とした法も開発した。

PAGE TOP