アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:生10

「Society5.0におけるファームコンプレックス」研究開発プラットフォーム (代表機関:三菱ケミカル(株) )  

産学官の連携とファームコンプレックスにより、輸出の推進、海外への事業展開を目指します。
共同研究機関 農研機構、JIRCAS、パナソニック、富士フイルム、シャープ、シチズン電子、住友電気工業、タキイ種苗、堀場製作所、名古屋大学、大阪大学、東京大学、北海道大学

お問い合わせ先

お問い合わせ先 「Society5.0におけるファームコンプレックス」研究開発プラットフォーム(代表機関:三菱ケミカル株式会社)  
郵便番号 103-0021
住所 東京都中央区日本橋本石町1-2-2 三菱ケミカル日本橋ビル
TEL 050-3139-3986
FAX 03-3279-6763
URL

展示内容

取り扱い分野 栽培/植物工場/水産/畜産/ICT/食の機能性/流通/品質保持/日本食の評価/環境計測/環境負荷軽減/省エネルギー/高機能性素材/農山漁村の課題解決/人材育成
出展内容 日本のコア技術である熱線コントロール素材、省エネルギー技術、栽培技術、IoT・ビックデータ・人工知能(AI)技術等の次世代技術を融合することにより、植物の育成における植物反応統合管理制御技術を確立し、世界最高水準の低コストと高付加価値化が可能となる太陽光利用型の野菜栽培システムを開発します。
ICTを活用した施設型一次産業(ITグリーンハウス、IT養殖、IT畜産等)の設備、サービス事業展開を目指します。
既存の技術との違い
想定される用途
展示方法
マッチング目的 情報交換
情報流通ネットワークの構築とICTを活用した施設型第一次産業(ITグリーンハウス、養殖、畜産等)のファームコンプレックスによる新ビジネスを創出します。スマートフードチェーンの構築に向けた物流、ICT関連業種と連携していきたい。

PAGE TOP