アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用試験
小間番号:食01

(国) 九州大学 大学院農学研究院

食料・生活資材の安定供給、生物生存環境の保全、人類の健康と福祉への貢献を目指した研究の紹介

お問い合わせ先

お問い合わせ先 九州大学大学院農学研究院
郵便番号 819-0395
住所 福岡県福岡市西区元岡744
TEL 092-802-4506
FAX 092-802-4541
URL http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/

展示内容

取り扱い分野 栽培/食の機能性/流通
出展内容 九州大学大学院農学研究院ですすめている、次の3つのテーマを紹介します。
1)有用キノコ冬虫夏草シネンシスの健康食品としての利活用
2)イチゴの省エネ栽培・収量予測・低コスト輸送技術の融合による販売力・国際競争力の強化
3)皮膚改善アンチエイジング食品の探索 
既存の技術との違い 上記1)既存のキノコとしてミリタリスが汎用されおり、本法はまったく新しいシネンシスの栽培法を開発したものです。
上記2)AIによるイチゴ生育特徴量抽出技術など、新たな技術を紹介します。
上記3)長寿遺伝子の活性化をターゲットにした、当研究室において独自に構築したシステムです。
想定される用途 上記1)健康商品全般の商品化で、OEMにより錠剤、タブレット、顆粒、液体ドリンク飲料など多岐にわたります。
上記2)イチゴの栽培技術、イチゴの高鮮度保持包装と船便による低コスト輸出技術としての実用です。
上記3)機能性探索のためのスクリーニング系としての利用が期待されます。
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 製品化 情報交換
九州大学大学院農学研究院ですすめている研究を関連企業や生産者等に知っていただくとともに、共同研究や連携企業等を見つけることを目的としています。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月20日(火) 14:00~14:15 セミナールームB
タイトル イチゴの生育情報計測評価・生産技術と高鮮度保持輸出技術の紹介
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
九州大学大学院農学研究院・准教授・岡安崇史
講演 農水省受託研究として現在実証試験を行っているイチゴの生育情報計測・評価技術、局所環境調節による新たな栽培技術、高鮮度保持低コスト輸出技術等について紹介します。

PAGE TOP