アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
実用検証
小間番号:先15

ダイヤ工業 (株) / (国) 広島大学

医療用品メーカーが開発した、人工筋肉搭載の動きを妨げないウェアラブルパワーアシストスーツ
共同研究機関 広島大学

お問い合わせ先

お問い合わせ先 ダイヤ工業株式会社
郵便番号 701-0203
住所 岡山県岡山市南区古新田1125
TEL 086-282-1217
FAX 086-282-1246
URL https://www.daiyak.co.jp

展示内容

取り扱い分野 ロボット
出展内容
腰部への負担を軽減させるアシストスーツです。全重量は2kgと軽量で、作業者の動きを妨げにくい構造になっています。低圧で動く空気圧式人工筋肉を背部に搭載し、重い荷物を持ち上げる際、指に装着したセンサが反応し支援します。腰部はコルセット機能を有し、腹圧を高めることが可能のため、ダブルで腰部への負担を軽減できるのが特徴です。
既存の技術との違い 既存のアシストスーツは、外骨格をフレームで覆うことで補助する力が大きく、単一動作に向いた構造である。農業分野では複合動作が多く、動きの妨げにならないということは必要不可欠。今回の開発では、複合動作に適した軽量・柔軟なタイプで、支援を意図するタイミングで行うことが可能である。
想定される用途 農業分野ではお米、野菜、果実等重たい物を持ち運ぶような上げ下ろし作業時に利用できます。
展示方法
実演
実物展示
マッチング目的 製品化 情報交換
製品化するために製品評価をしてもらえる現場の方(作業者)や製品化した際に販売をしてもらえる販売店を卸会社のマッチングを希望します。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 13:20~13:35 セミナールームA
タイトル 空気圧人工筋肉を利用した軽量・柔軟なアシストスーツの開発
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
ダイヤ工業株式会社・開発部門・大野歩
講演 農業現場は3K(キツい、汚い、危険)と言われる程心身共に負担が大きい作業環境である。ゆえに、若手不足による農家の高齢化や、怪我や体力不足による作業者の早期離職が進み、慢性的な人手不足が問題になっている。このような問題を解消するため様々な動作支援装置が研究されているが、複合的な動きを支援対象とするため、実用性を高めるのを困難にしている.そこで本研究では、軽量・柔軟なアクチュエータである空気圧人工筋肉と衣類素材の組み合わせにより、複合的な動きが可能で持ち上げ作業を支援するアシストスーツを開発した。

PAGE TOP