アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
開発開発の応用
小間番号:生22

(国) 広島大学

広島大学の植物、畜産、食品研究拠点のアクティビティを紹介し、事業者との連携を模索したい。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 国立大学法人広島大学
郵便番号 739-8511
住所 広島県東広島市鏡山1丁目3-2
TEL 082-422-7111
FAX 082-424-6189
URL https://www.hiroshima-u.ac.jp/

展示内容

取り扱い分野 栽培/植物工場/畜産/新品種育成/ゲノム/ウイルス対策/食の機能性/食品加工/品質保持/日本食の評価/環境創造/土壌診断/環境負荷軽減/研究開発支援/技術移転/産学連携支援
出展内容 広島大学の植物・畜産・食品研究拠点のアクティビティと研究テーマの一部を紹介する。①養分吸収効率を改善する新技術、②植物生産性や環境ストレス耐性を向上させる善玉菌の単離と実用化、③おいしさ(食感)を設計・維持するための食品工学的アプローチ、④ごぼうを素材とした新規機能性食品の開発、⑤栄養素の機能性を活用した健全的な乳牛管理、⑥抗菌ペプチドを利用した健康家畜の生産
既存の技術との違い
想定される用途 ●植物拠点:植物の生産性向上、植物の環境ストレス耐性の向上 ●食品拠点:新規機能性成分・食品の開発 ●畜産拠点:健康家畜の生産・飼育管理、生殖補助
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 技術移転 改良点把握 製品化 資金 情報交換
以下の業種とのマッチングを希望する。
植物拠点:種苗、肥料、土壌改良、農園管理、植物成育指導等
食品拠点:食品開発・加工、機能性成分・サプリメント開発、醸造等
畜産拠点:飼料、動物薬、生殖補助、飼育設備、食肉

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月20日(火) 13:20~13:35 セミナールームA
タイトル GreenRevolution を創出する植物研究拠点(仮)
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
広島大学大学院生物圏科学研究科 環境評価論講座 教授 和崎淳
講演 広島大学の植物研究拠点のアクティビティを紹介し、事業者との連携の可能性を提案する。同拠点では、持続的な食料生産を達成しつつ環境問題を解決する「次世代のGreen Revolution」を目指し、旧来の農学的観点だけでなく、植物生理学、生態学、微生物学、共生学、土壌学、有機化学など植物生産に関わる広範囲の知見を結集し、学部を越えて多面的な研究を行っている。

PAGE TOP