アグリビジネス創出フェア2018

2018年11月20日(火)~22日(木)
10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西1ホール
主催:農林水産省
研究初期
小間番号:食06

(公) 秋田県立大学 分子シグナル制御グループ

秋田の伝統野菜であるジュンサイの、多様な利活用の可能性


共同研究機関 なし

お問い合わせ先

お問い合わせ先 秋田県立大学
郵便番号 010-0195
住所 秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438
TEL 018-872-1500
FAX 018-872-1670
URL

展示内容

取り扱い分野 栽培/新品種育成/食の機能性
出展内容 秋田県の伝統野菜であるジュンサイについて、1)食材としてのジュンサイの利用、2)ジュンサイの機能性食品としての利用、3)ジュンサイに含まれる機能性成分活用の可能性、4)ジュンサイ栽培の省力・効率化、に関する内容を出展予定です。
既存の技術との違い 1)独特の食感を持つジュンサイの、新しい食材としての利用に加え、機能性食材や機能性成分原料としての活用を展開する点。2)栽培方法がこれまでの農作物と全く異なるジュンサイの、量・質ともに安定供給するための栽培技術を確立する点。
想定される用途 1) 食材としてのジュンサイの利用拡大、2)ジュンサイの新規な機能性成分の探索と商品化、3) ジュンサイ栽培の省力・効率化による市場供給量の増加
展示方法
実物展示
マッチング目的 共同研究 改良点把握
1)ジュンサイの食材利用展開、2) ジュンサイの新規な機能性成分の探索と商品化、3) ジュンサイ栽培の省力・効率化、についてマッチングを希望します。

研究・プレゼンテーション

日時・会場 11月21日(水) 13:40~13:55 セミナールームB
タイトル 秋田の伝統野菜ジュンサイの可能性
発表者
※所属団体名・部署・役職・氏名
秋田県立大学 生物資源科学部 准教授 阿部誠
講演 1)食材としてのジュンサイの利用、2)ジュンサイの機能性食品としての利用、3)ジュンサイに含まれる機能性成分活用の可能性、4)ジュンサイ栽培の省力・効率化、について発表予定。

PAGE TOP